粉末グリーンスムージーって無添加?調べて比較ランキング!

 

今回は、粉末タイプのグリーンスムージーの中でも,
無添加のグリーンスムージーについて焦点を当ててみたいと思います。

 

粉末のグリーンスムージーって本当に安全、安心?大丈夫と思う人も多いハズ!

 

健康志向派な方や、オーガニック食材やマクロビなどの知識のある方、
デトックスやアトピー改善にグリーンスムージーを活用してみたいという方はぜひご覧ください。

 

無添加って本当?怪しくない?

 

世の中には、無添加と謳われる商品が数多く出回っています。
それらの中には、残念ながら本質的には無添加でない商品も含まれているようです。

 

その影響か、無添加粉末グリーンスムージーに対しても疑問の声を上げる人も一定数いらっしゃるようです。

 

そこでここでは疑問を解消するため、無添加と呼ばれる粉末グリーンスムージーの製造方法から成分までをチェックしてみました。

 

無添加グリーンスムージーに含まれていない成分とは?

無添加スムージーと非無添加スムージーの大きな違いは、ここ!

  • 着色料
  • 甘味料
  • 増粘剤
  • 安定剤
  • 香料

このような食品添加物を使用しているか否かという点です。

 

中には無添加タイプのものにも風味付けのための代替品が用いられる場合もありますが、
非無添加製品の比ではありません。

 

製品には表示義務があるので、無添加にこだわりたい方はこの5つについては必ず調べるようにしましょう。

 

無添加タイプのグリーンスムージーの賞味期限は早い??

 

無添加タイプのグリーンスムージーには、
上記のように、安定剤や着色料、甘味料が含まれていないため、
一般的なスムージーの賞味期限(約2年前後)と比べると比較的早いようです。

 

ただし製品によって賞味期限も異なりますので、購入の際には必ずチェックし、
毎日飲むことで飲み残しのないよう注意しましょう。

 

無添加で&粉末で比較!酵素スムージーランキング!

 

Natural Healthy Standard(ナチュラル・ヘルシー・スタンダード)

ナチュラル・ヘルシー・スタンダード

 

第1位は超人気粉末タイプグリーンスムージーのナチュラル・ヘルシー・スタンダード

 

1食あたりのカロリーが約20kcalと、ダイエットシェイクをも凌駕するような低カロリースムージーです。

 

約200種類もの野菜&果物由来の栄養成分を配合することで、流行のお肉中心の食生活や、ヨーグルトやダイエット食品のみといった偏食ダイエットをしている人にありがちな、食生活の乱れを整えるビタミン&ミネラルをたっぷり摂取することができます。

 

その上マンゴー味だから飲み口もマイルド♪

 

1食分が約80円という低価格さも、若い女性を中心に人気が継続している理由になっているようです。

 

グリーンスムージー

\ Natural Healthy Standarはこちら /

 

 

 

 

グリーンベリースムージーダイエット

グリーンベリースムージーダイエット

 

栄養たっぷりの成分がドロドロのペースト状。
まるで生のグリーンスムージーを飲んでいるかのように満腹感のあるスムージーだ!
と注目されているのがグリーンベリースムージーダイエット
です。

 

1食あたりは194円と、1位の80円に比べると比較的高価ですが、
その分酵素や口当たりは高級感溢れるスムージーとなっています。

 

グリーンスムージー

 

 

 

ずぼらさんの酵素グリーンスムージー


あのやずやから販売されている、完全無添加スムージーです。

 

シンプルな原材料ですが、一杯あたりが約120円と非常にお手軽な価格で、
“良いけれど高い”という無添加製品の定義を覆すお手軽さを兼ね備えています。

 

グリーンスムージー

 

 

 

 

酵素スムージー美すがた

 

無添加では当然の化学添加物未使用の他、
甘味剤となる砂糖の添加もしないというこだわりぶりは、
無添加商品好きな自然派ダイエットを好む層に支持されています。

 

※代わりに完熟バナナと麹酵素を使用することで、味に深みを出しています。

 

増粘剤にキサンタンガムが含まれているものの、デンプンを加工した安心な素材からつくられているため安全な無添加製品として愛用されています。

 

グリーンスムージー

 

 

 

無添加のグリーンスムージーはどれがお得?

 

トータルのランキングでも1杯あたりの単価に触れましたが、ここでは単価のみに絞ってチェックしてみました。

 

粉末のグリーンスムージーは、1箱だいたい3,000円弱で購入できます。
が!何杯分入っているのかは、倍以上差があります。

 

1袋=1か月分 と思っていませんでしたか?
私はそう思っていたんですよね。
というわけで、一覧表にまとめてみました。

 

 

ナチュラル・ヘルシー・スタンダード

ベジーデル酵素スムージー

グリーンベリースムージーダイエット

単品料金(税別) 2458円 2376円 2700円
容量 200g 200g 300g
1回分 6g 10g 20g
1箱 33杯 20杯 15杯
1杯分(税別) 74円 119円 180円
1杯分(税込) 80円 128円 194円
カロリー 22.86kcal 36.6kcal 78kcl
 

酵素スムージー美すがた

ずぼらさんの酵素グリーンスムージー

 
単品料金(税別) 2670円 3800円
容量 285g 155g
1回分 19g 5g
1箱 15杯 31杯
1杯分(税別) 178円 123円
1杯分(税込) 192円 132円
カロリー 56kcal 20kcal

 

通常購入した場合の単価で計算しています。
1箱の価格表示は税別表示なのに、1杯の単価は税込で表示している公式サイトもあったので、1杯分の価格は両方記載しておきました。
酵素スムージー美すがたは、メーカーサイトと1杯分の単価が異なっていますが、メーカーサイトの計算は消費税が5%になっていました。^^;この表では8%で計算しています。

 

上の表から、グリーンベリースムージーダイエットは1袋に300g入っていますが、1回の規定量は20g。1袋で15杯分なのがわかります。

 

ずぼらさんの酵素グリーンスムージーは、一見高そうに見えますが31杯分入っています。
このように、1杯分の値段に差が出てくるわけなんですね。
単純に1箱分の価格で比較はできないのです。

 

目的に応じてチェック!

 

もちろんスムージーを摂る目的によって、価格以外もチェックするべき項目が出てきます。
例えばカロリーなんかもそうですね。

 

ちなみにカロリーは表にもありますが、下記のようになっています。

  • ナチュラル・ヘルシー・スタンダード ⇒ 22.86kcal
  • ベジーデル酵素スムージー ⇒ 36.6kcal
  • グリーンベリースムージーダイエット ⇒ 78kcl
  • 酵素スムージー美すがた ⇒ 56kcal
  • ずぼらさんの酵素グリーンスムージー ⇒ 20kcal

ずぼらさんの酵素グリーンスムージーは、公式サイトに牛乳をプラスしたカロリーしか載っていなかったので、そこから牛乳分のカロリーをマイナスして出しています。
※牛乳100 g ⇒ 66.9 kcal 日本食品標準成分表より

 

置き換えダイエットを目的とする場合は、カロリーだけではなく腹持ちなんかもチェックが必要です。
置き換えダイエットはお腹が空いては続きませんからね。

 

例えば、グリーンベリースムージーダイエットは、サイリウムとグルコマンナンが配合されています。
お腹の中で、サイリウムは最大30倍、グルコマンナンは最大17倍まで膨らみます。

 

ダイエットしたい場合は、こうした部分のチェックも必要というわけです。

 

粉末グリーンスムージーを飲む理由はそれぞれですから、目的に合ったタイプを選ぶ際の参考にしてください。

 

どういう方法でつくっているの?

 

グリーンスムージーに含まれる栄養素の原料(野菜や果物)は
多いもので数百種類にも及びます。

 

洗浄し水分を0に近い状態にまで乾燥させる

まずはそれらの原料を丁寧に洗浄し、水分を0に近い状態にまで乾燥させるのが第一の工程です。

 

※ただし、企業によっては生の野菜や果物ではなく、そういった生ものに含まれる栄養素を人工的に抽出した成分を使用している場合もあります。

 

乾燥方法には、高温&短時間で乾燥させるものと、低温&長時間で乾燥させる方法の2種類の方法があります。
どちらも企業のこだわりや、使用する原材料の種類によって異なるようです。

 

粉末状に細かく粉砕

次に、乾燥させた原料を粉末状に細かく粉砕していきます。
フリーズドライ加工法とも呼ばれており、第一の工程である乾燥とセットで認識されています。

 

ちなみに、フリーズドライなどで乾燥させ、その後サラサラの粉末状にされた粉末グリーンスムージーは水分のみが抜けた状態。
つまり、高濃度の栄養素がそのまま残った状態であることが分かっています。

 

飲みやすく加工

そして最後に、粉末にした原料を飲みやすく加工していきます。
この工程で、無添加なのか、添加物を入れたものなのかが変わってきます。

 

無添加の場合には、ゼラチンやデンプン加工品などの口当たりを良くする成分以外はほとんど注入しないことに特徴があります。

 

ということで、製造過程においては無添加か非無添加なのかによっての違いはほとんど無いということが分かりました。

 

無添加ならでは? 保存方法に関する注意点

 

無添加グリーンスムージーには安定剤が含まれていないものが多いため、
製品の風味や性質が変化するおそれがあります。

 

保存の注意点

  • 閉めきった場所を避ける
  • 湿気のある場所を避ける
  • 飲み残さない
  • 高温の場所を避ける

など、保管場所には注意しておきましょう。

 

グリーンスムージーの人気は粉末タイプに移行中?!

グリーンスムージーと、緑色をした野菜を中心にしたヘルシードリンクのひとつで、
海外セレブや日本の有名モデルといった美容業界の最前線に限りなく近い層が日常的に飲んでいることから人気に火がつきました。

 

 

現在ではより飲みやすく、よりヘルシーで美を保つのに最適な粉末タイプのグリーンスムージーも販売されており、中にはフルーツや美容成分を配合して飲みやすくしたものも。

 

粉末タイプには、通常のグリーンスムージーには見られない健康&美容成分が凝縮された高い栄養が含まれているということで、現代の忙しい女性や、時間をかけずにきれいに磨きをかけたいと思う女性を中心に愛用されています。

 

ここでは、そんな人気沸騰中の粉末タイプのグリーンスムージーについて調べた結果をお知らせ致します。

 

粉末タイプのグリーンスムージーのメリットとデメリット

まずはメリットから見てみましょう。

 

粉末タイプのグリーンスムージーには、水など液状のものにすぐに溶け込んでそのまま飲めるという特徴があるため、次のようなメリットを実感する声が上がっています。

 

メリット

  • つくるのに手間暇がかからないから毎日飲み続けられる。
  • 栄養分が凝縮しているので野菜不足な食生活でも健康になれる。
  • 普段の生活では不足しがちな食物繊維が摂れ便秘改善に良い。
  • 飲みやすいので家族全員で飲める。
  • 粉末状なのでアレンジ次第で飲み物以外にも混ぜられる。
  • ご飯代わりになるのでダイエットもできる。
  • ダイエットシェイクよりも安く、青汁よりも飲みやすいのでお得な感じ。

デメリット

一方でこんな意見も・・・

  • 生の野菜や果物でつくらないから家族やパートナーに手抜きだと思われてしまう。
  • 1食100kcalいかないスムージーだと痩せるけど毎日じゃさすがにお腹が空く。
  • 味の種類が豊富にあるからグリーンスムージー飲んでるって感じがしない。

 

このように、カロリーが低くダイエット効果はあるがそれだけではお腹が空く、
手抜き感がある飲み物なので人前で飲みにくい、というデメリットを感じている方もいるようでした。

 

グリーンスムージーlaboのトップでも紹介しています!

スムージーで酵素が摂れるって本当〜!?

 

スムージーって、いつからか私達の生活に定着する飲み物になりましたね。以前はダイエット目的で、スリムアップを目指して夜スムージーだけにしてるの!なんて言う人も周りにチラホラ・・・。けれどもスムージーだけの夕食は、物足りなくなってリバウンドしてしまうのも現実の話。

 

朝食バランスの摂れたスムージーを飲んでいる人も多いはずです。家で作るスムージーは、アサイー、ブルーベリー、りんご、バナナ、青菜、いちご、オレンジなど季節の野菜や果物を入れてミネラル酵素を摂っています。お好みでハチミツなどを入れる方もいます。ただ、手作りスムージーは味を追求してしまうと糖分の摂り過ぎも気になるところですね。
グリーンスムージは、以前から飲まれている青汁の大麦若菜などにフルーツをプラスしているので飲みやすく流行しているのでしょう。

 

 

最近、酵素をよく耳にしますが、皆さんは酵素って何?と聞かれたらどう答えますか?!日本人は、昔から納豆を健康食品として食べられていますが、これが酵素も含んだ発酵食品です。酵素は生きていく上で不可欠なもので、体の機能を動かすに当たって酵素が活躍しているのです。また、酵素は何千種類もあるもので、ひとつではありません。やはり日頃から酵素を含んだ健康バランスを考えた食事は不可欠です。酵素は、加齢や病気により、体から段々と減少していきます。

 

 

血液の流れにも関係しているのでとても重要なのです。これらの対策には、毎日スムージーを摂るのが近道みたいですね。手作りスムージー、またこれはどうしても無理という方は粉末スムージーをおすすめ致します。勿論、栄養補助としてですが、スムージーをプラスする事で、ジャンクフードが好きでよく食べてしまう人や、忙しくて外食ばかりでバランスの摂れた食事を日頃から出来てない方は、意識的に酵素を取り入れる事が大切です。

 

粉末スムージは、賞味期限も比較的長いから手軽にいつでも飲む事が出来ますね。もしもの時の備蓄に加えてもいいかもしれません。牛乳、豆乳などで割って更に美味しく飲めます。人工甘味料も入ってない早速人気商品をチェックしてみよう。