明日も飲もう!毎日飲めるグリーンスムージーを作る方が続けられる!

 

ダイエット・美容・体質改善を行う上でも、
グリーンスムージーを続けることが一番大切なことです。

 

特にグリーンスムージーの場合は冷やして飲むことが多いので、
冬場に挫折することが多いのです。
熱を通さずに済む材料であるほど、グリーンスムージーを飲む意味があるので
どうしても冷たくなってしまうんですね。

 

 

グリーンスムージーには生の葉物野菜や果物、食物繊維、酵素、美容成分など入っている商品がたくさんあります。何を基準にどれを選べば良いのか迷いますよね。

 

雑誌の記事や公式サイト、口コミを見てもそれぞれに良いことが書かれているので、デメリットが把握しにくいのが現状です。
どの商品がどのように良いのかを見てきましょう。

 

グリーンスムージーの共通点とは?

グリーンスムージーは葉野菜とフルーツなどを、水や牛乳、豆乳でかき混ぜた飲みもののこと。
酵素やビタミンを多く含んだバランスのとれた栄養素の塊で、これを簡単に、かつ効率的に体内に摂取することが可能です。

 

現代人には圧倒的に不足している野菜と果物を、効率的に食生活に取り入れることで、美味しい食事を制限することなく、1食のみスムージーに置き換えるだけで痩せられるというダイエットドリンクです。

 

 

【グリーンスムージー】酵素・美容のおすすめ・ランキング

 

Natural Healthy Standard

Natural Healthy Standard

 

「Health is better than wealth. =健康は富に勝る」という信念のもと、人々の心と身体の健康を共に考えて常にフレッシュで新しいライフスタイルを提案しています。
健康で幸せな社会の実現を目指して、製品・サービスの提供を通じ、人々の暮らしに寄り添って充実したライフサポートを行い、お客様にずっと愛されるブランドとして、時代とニーズに沿った製品開発と提供、信頼と安心を築きながら、人生をより豊かにするために企業努力を行っているようです。

 

約200種類の野菜と果物、野草、ビタミン、ミネラルなどを配合。
グリーンスムージーに含まれる成分は、健康や美容、ダイエットなど、女性から高い支持を得ているものばかり。
さらに、体質の改善のサポートとダイエットに欠かせない酵素も配合されています。

 

忙しい現代人の悩みや近年の健康志向にピッタリですね。
そのうえ水と一緒にシェイクするだけでOKと手軽なナチュラルヘルシースタンダードは、タレントやモデルに人気のスムージーです。

 

特徴 価格
酵素を使っています! 2,089円〜

 

グリーンスムージー

\ Natural Healthy Standarはこちら /

 

 

 

アサイーレッドスムージーダイエット

 

酵素配合のダイエットとエイジングケアを目的に配合された美容成分が多く、注目のレッドスムージー!アサイーを中心にカシスやリコピン配合のとまとなど、いわゆるエイジングフルーツたっぷりのスムージー♪

 

現代社会ならではの眼精疲労の改善に最適なアサイーがスマホなどの生活週間に効果的!

 

便秘がちな方から野菜嫌いな方、小さなお子様までが美味しいと答えており、ダイエットや美容にはもちろんのこと、健康管理を目的として飲まれている方も多くいらっしゃいます。中には、ご家族全員で飲んでいるという方もいるほどです。

 

1回のスムージーのカロリーは約78キロカロリーで水分を含むとお腹に溜まるグルコマンナン成分が入っているので、置き換えダイエットとしては最適です。

 

特徴 価格
酵素×エイジングケア 3500円〜

 

グリーンスムージー

\ レッドスムージー体験なら /

 

ベジエ酵素スムージー

ベジエは野菜とダイエットから生まれたブランドで、ポジティブダイエットがコンセプトとなっています。
「健康」と「手軽さ」「スタイリッシュ」を常に追い求めています。

 

30種類の野菜、37種類の果物、92種類の野草、17種類の穀物類、4種類の海藻の180種類の材料をフリーズ加工し配合されています。
身体に必要不可欠なビタミン群、酵素、食物繊維、ミネラルなどが豊富に入っているのが特徴。

 

約1杯分のカロリーは約58キロカロリーと決して低くはないのですが、置き換えることでマイナス4kg減ったなど、かなり高評価されています。
美容に不可欠なプラセンタが2,000mgも入っているのも嬉しいポイント。

 

グリーン酵素スムージーのダイエット効果

1食置き換えダイエットを行うと、ほとんどの方が1週間で2〜3kgは痩せられると言います。
野菜や果物の発酵エキス、ビタミン、ミネラルが豊富なので栄養バランスを崩す心配はありません。

 

空腹感を感じないことがダイエット成功のカギ。
大体朝の8時に飲んで、4〜5時間は腹持ちがよく空腹感は感じません。

 

スムージーだけの置き換えだけなくても、トーストを食べながらでもスムージーを飲んで、緩やかに減量に成功した方もいます。
食事に対しては特に制限がなく、暴飲暴食をしなければミネラルやビタミンで代謝が向上して緩やかに痩せていきます。
特に30歳代以降になると代謝が落ち始めるので、スムージーを飲んで代謝を上げてアンチエイジングしたいですね。

 

特徴 価格
ダイエットしたい方におススメ! 1,886円〜

 

グリーンスムージー

\ ベジエ酵素スムージーを試す /

 

まとめ

グリーンスムージーランキングの1〜3位までを見てきました。

 

1位 Natural Healthy Standard
2位 ベジエ酵素スムージー
3位 ベジーテル酵素スムージー
どこも上位に入っているだけあって、品質や成分もしっかりしているようです。

 

味などの好みは個人差があるので何とも言えませんが、皆さんいろいろ工夫して飲みやすいようにしているようです。
スムージーはそれだけでも結構な甘味があるので、オリゴ糖やヨーグルト、豆乳、ハチミツを入れるときには、糖分は控えめに自分で調整して飲むようにしましょう。

これで、皆さんの健康が維持出来るのが一番素晴らしいことですね。

 

 

スムージーを毎日飲むコツ

ポイントはこの4つ!

  • 朝食代わりに飲む
  • おいしく飲む
  • 材料はまとめ買いして冷凍保存する
  • 冬場の飲み方
朝食代わりに飲む

人によりライフスタイルが違うので一概には言えませんが、朝に飲む人が多いようです。しかし、そこに固執することは全くなく、自由に飲んでも大丈夫です。

 

グリーンスムージーは、飲む前後の40分は食事をしてはいけないと言われています。
この点を考えると、朝食代わりに飲むと空腹を感じることもなく続けやすくなります。

 

 

夏場はスムージー自体が冷たいので、食欲がない時にも飲みやすく朝食や夕食も充分栄養補給できますね。

 

おいしく飲むことで続けられる

基本的には、グリーンとフルーツは6:4の割合が飲みやすいと言われていますが、
フルーツが多くても大丈夫です。

 

 

ある程度の材料の組み合わせをベースにして、
その都度季節物を入れるなどして、
ローテーションをしていく事で栄養も偏ることなく飲むことができます。

 

グリーンはほうれん草や小松菜・チンゲン菜などが主流です。
レタスなど癖のないものを選ぶようにすると飲みやすくなります。

 

グリーンの材料で気をつけることは、香りの強いものです。
例えば、セロリやパセリは癖があるので注意が必要です。

 

フルーツはバナナを入れることで大抵は飲みやすくなります。
他には、りんごやキウイなどが最強の組み合わせと人気があります。

 

材料はまとめ買いして冷凍保存する

1週間分程の材料をまとめて買って冷凍保存しておくと便利です。
特に特売日などをチェックしておくと材料費も節約になり一石二鳥ですね。

 

冷凍保存すると少々栄養分は落ちてしまいますが、全く飲まないより効果はありますし、手軽に摂取することもできます。

 

冷凍保存法

 

野菜はよく洗った後に切って冷凍保存袋に入れて冷凍します。
ほうれん草に限っては、洗ってサッと湯通し水に入れてアクを取り、切ってから冷凍保存袋に入れて冷凍します。

 

 

また、フルーツに関してはりんごやバナナ・キウイなどは、皮をむいて使いやすいサイズに切ってから冷蔵保存袋に入れて冷凍するだけです。

 

冬場の飲み方

女性の場合は冷え性の人が多いですね。
冬場はグリーンスムージーで身体が余計冷えてしまうと思うと難しいですね。

 

不安であれば、日中の気温が高い時や活動している時間帯の体温が高くなっている時に昼食やおやつがわりに飲むと良いでしょう。

 

口の中で常温にしてから飲んだり、白湯と一緒に飲むといった方法もあります。
グリーンスムージーに生姜を少々入れる事も、身体の冷え対策には良いでしょう。

私がナチュラルスタンダード押しの理由!と感想

色んなスムージーが販売されていますが、ナチュラルのスムージーは粉末なので、牛乳や豆乳など好みのものでシェイクして色んな栄養素を10秒チャージ出来るのが、時間のない私には好都合でした。

 

 

他の通信販売でも取り扱っているみたいですが、シェーカーが付いてくるのと、送料が無料というので、公式の通信販売で購入しています。

 

ナチュラルヘルシースタンダードが人気の理由

豊富な野菜と果物を配合し、ミネラルや酵素・ビタミン・食物繊維を多く含んでいるのに
約23キロカロリーと非常に低カロリー。
牛乳で混ぜても約150キロカロリーなので、朝食の置き換えダイエットには最適です。

 

 

公式ショップで購入

注文後、数日で商品・専用シェイカー・パンフレット・新作の豆乳抹茶味の案内が入っていました。
今回、私が注文したのはマンゴー味でしたが、パンフレットにはたくさんの味のスムージーが載っていたので気になりましたし、今後順番に頼んでも良いかなと思っています。

 

 

スムージーの作り方

専用のシェイカーのデザインがとても可愛くて、女の子ウケするのは間違いないです。
キッチンに置いておいてもオシャレです。

 

届いてから早速スムージーに挑戦。専用スポーンが入っているので便利!
150〜200mlに対して、スプーン2杯が大体の目安。
味が濃いと思ったら水分を増やしても良いです。

 

作り方はいたってシンプル。
シェーカーに粉末と牛乳や豆乳を入れて10秒間フリフリして、5分寝かせるととろみが出てくると風味の良いスムージーになりました。

 

 

飲んだ感想は苺牛乳のマンゴー風味みたいな感じで美味しかったです。

 

もっと飲みたかったけれど、今日はもうかなり満腹になってしまったので、我慢しました。
腹持ちも普通のジュースより、かなり良いです。
その後、色んなものでフリフリして飲んでみましたが、豆乳がオススメです。

 

試行錯誤レシピ探し

粉末をヨーグルトに混ぜてシリアルにして朝食。
もちろんプレーンヨーグルトを使います。
糖分を控えないと飲んでる意味がなくなってしまいますからね。

 

 

話題のブルックリンジャーを入れて挑戦。
でも、朝からボリュームが多くて満腹になってしまいました。

 

結構、何でも合うと思いますよ。いろいろと試してみてくださいね。

グリーンスムージーの初心者が気をつけるべき点

グリーンスムージーには野菜と果物を使用しますが、野菜や果物だったら何でも良いというわけではありません。

 

ある程度慣れている人ならば、大体の組み合わせは把握していると思われますが、初心者の場合はよくわからないまま作ってしまい失敗して挫折という人もいるのではないでしょうか。グリーンスムージーを作るときの注意点を紹介していきます。

 

グリーンスムージーに使用できる材料

野菜

基本的には、野菜は「葉物」です。
ほうれん草や小松菜、チンゲン菜が代表的なものですが、その他には、人参・大根・カブなどの葉の部分、春菊がベストです。
また青汁などに使われている明日葉やケールなども健康促進に効果的です。
レシピに関してはカゴメのスムージーサイトなんかも参考にしています。

 

 

特に初心者の方が失敗しない野菜では、上記のほか、水菜・レタス・モロヘイヤ・サニーレタス・サラダホウレンソウなどが癖がなく比較的使い勝手が良いでしょう。
生で食べた時に苦味のない野菜を選ぶと間違いありません。

 

果物

果物はりんご・バナナ・オレンジなどの柑橘類やキウイなどを使うことが多いです。
その他旬の果物を使用すれば大丈夫です。

 

 

何を使うのか選択が難しいのは、果物よりも野菜の方です。

 

基本的は野菜:果物=6:4の割合が良いのですが、
慣れないうちは5:5でもかまいません。

 

続けることが最大の目標ですので、慣れてきたら徐々に野菜を多くすれば良いでしょう。不味いまま続けるのは難しいですからね。

 

また、果物を多くしても飲みにくいと思う方は、ヨーグルトやオリゴ糖、ハチミツ、豆乳などを加えると飲みやすくなるでしょう。

 

スムージーに向かない材料

キャベツ・白菜・ブロッコリーの茎・とうもろこし・オクラなどは向きません。
一見、キャベツなどは良いと思われますが、お腹にガスが溜まりやすいので不向きです。

 

また、白菜などの野菜はデンブン質やタンパク質が含まれており、栄養価を取り入れる時に邪魔をしてしまいます。

 

その他の注意点

冷えに注意!

野菜も果物も冷凍保存して、それをミキサーにかけて飲むのがスムージーなのですが、一時的にでも身体が冷えてしまうという点があります。
冷え性や胃の弱い人は、冷たいものをそのまま飲むとダイレクトに影響が出るかもしれません。

 

夏場は良いとして、問題は冬場の寒い時期です。
ここで少し工夫をしなければなりません。

 

例えば、口の中で常温に近くなってから飲んだり、白湯と交互に飲むなどすると、少し栄養価は下がりますが、全くスムージーを飲まないよりは効果が期待できます。

 

糖分と過剰な栄養素の摂取

飲みにくいといってオリゴ糖やハチミツを多く入れてしまうと糖分が過剰になり、スムージーを飲んでいる意味がなくなってしまいます。
飲みやすさを追求しすぎて、こられを多く入れるのは厳禁です。

 

 

また、たくさんの野菜や果物を一度に多く摂取しようとするのも良くありません。

 

初めのうちは、単体で野菜1種類に果物2種類というように少ない材料で作っていきましょう。その材料の組み合わせを何通りか決めておき、ローテーションで毎日違うものにすれば、味にも飽きがこないで続けることができます。

 

楽しんで続けられるのが一番良いことです。
無理をしては、精神的にも経済的にも続きません。
気楽に楽しみながらグリーンスムージーを取り入れてみましょう。

グリーンスムージーで便秘解消しよう!予防と効果!

何日もお通じがないとお腹も張ってきて苦しいし、気分も悪くなりますよね。
外出先でもよおしても、なんとなく我慢してしまう時もあります。

 

結局は、便秘薬に頼ることが当然のようになってしまうことも…。
でも、できれば朝のうちに済ませてすがすがしい気分で出かけたいですね。

 

 

そんな方に朗報です。
グリーンスムージーは便秘解消にも効果があるのです。

 

どうして効果があるのかを説明していきましょう。

 

便秘の原因

外食が多い方やあまり野菜や果物を食べつけない方は、どうしても食物繊維が不足しがちです。まして、タイミングが悪かったりすると、我慢してしまうこともあるでしょう。

 

便秘は、1週間のうちに2〜3回しかお通じがない状態を言います。
便秘に慣れてしまっている人は1週間くらいお通じがなくても平然と過ごすことが多くなります。しかし、実際にはお腹はポッコリしてきて、体重も増え続けます。

 

多くの野菜を摂れば良いのでしょうが、そんなにたくさんの野菜を摂るのは難しいですね。
そこで、グリーンスムージーの力でなんとか便秘を解消しましょう。

 

スムージーで便秘解消

スムージーは葉野菜と果物をミキサーでかき混ぜただけの飲み物です。
この中には、ビタミン群、ミネラル、食物繊維と色んな栄養素が入っています。

 

このスムージーを朝食に置き換えて1〜2杯飲むだけ。
普段摂ることのできない栄養素も食物繊維もこのスムージーに置き換えるだけで充分に補えてしまうので、とても便利です。

 

これを毎朝続けていくと、便秘の予防や解消にもなりますし、自然なお通じがやってくるはずです。

 

効果の理由

普段の野菜不足を解消するために市販の野菜ジュースを飲んでいる方もいるのではないでしょうか。しかし、スムージーは市販の野菜ジュースとは根本的に異なる点があります。

 

それは、「生」であることです。生野菜だとせっかく含まれている酵素も摂ることができるので、お通じだけでなく身体の内側からキレイになれます。

 

スムージーの万能なところは、体内に留まっている毒素を体外に出して、浄化作用があることです。
お通じがなかった人の場合は、腸に宿便があります。
食物繊維をスムージーで凝縮して摂れるので、腸内環境も整えてくれますし、同時にお通じを促がしてくれます。

 

便秘に効くスムージーレシピ

スムージーはクセの少ない葉物野菜とフルーツを組み合わせるだけです。
もし、味が受け付けなければオリゴ糖などを少量加えることで飲みやすくなるはずです。

ここで、便秘に欠かせないのが下記のいずれかの野菜とバナナです。

  • 水菜
  • 小松菜
  • ほうれん草

食物繊維と同時にオリゴ糖に含まれる整腸作用が効果を発揮してくれるはずです。
フルーツはバナナの他にりんごやキウイなど旬のものを入れても良いですね。

 

ただし、スムージーはあくまでも栄養補助食ですので、普段の食事も野菜中心を意識して食べると効果が早く出るでしょう。
毎朝続けていくことで自然なお通じが出るようになります。

凄い効果あり!朝食前にグリーンスムージーを飲むと痩せられる

今までダイエットに失敗したことのある方は多いと思いますが、スムージーでも失敗した事があるという人は、きっと飲み方に問題があったかもしれません。
効果的な飲み方のタイミングについて説明していきます。

 

我慢しないで痩せられる

多くのダイエットには、「努力」がつきものです。例えば、食事制限をしたり、運動をしたりといったやり方が多いのではないでしょうか。
しかし、スムージーは3食のうち1食をスムージーに置き換えて、日常生活にうまく取り入れながらダイエットできます。

 

1日2食の方もいれば、3食の方もいることでしょう。
また、不規則な生活を送らなければならない生活の方もいらっしゃると思います。
個人の生活スタイルに合わせて飲むことが出来るのが、スムージーの良いところであるとも言えます。

 

 

3食のうち1食をスムージーに置き換えることにより、空腹感を感じることなく痩せることが出来るので、空腹のストレスを感じることがないのもメリットの一つです。

 

また、食事以外の時間帯で空腹を感じた時もスムージーを飲むようにすれば、より効果が期待できます。

 

飲むタイミング

スムージーを飲んだ後は40分程は何も食べないのが鉄則です。
その点を考慮しても、忙しい朝にスムージーを飲むことが一番効果が大きいとされています。

 

スムージーは、空腹時に飲むことが一番重要です。
そうすることで、栄養がしっかりと吸収されます。

 

日常の運動エネルギーや脂肪の代謝や燃焼には、ビタミン群とミネラルが必要です。
スムージーにはこれらに必要な栄養素がしっかりと入っており、基礎代謝が上がった良い状態で1日のスタートをきることができます。

 

そして、これを続けることにより、痩せやすい体質に自然と変化していきます。

 

ダイエット効果と副産物

朝食にスムージーを飲むことによって、食物繊維がとれるので便秘解消にもなります。

 

スムージーを飲んだあと、通勤や家事をしたりと皆さんは身体を動かしますね。

 

特に運動の時間を設けることなく、この日常生活の活動の中で代謝は高まり、体内の各臓器に負担をかけずに消化吸収され、各消化器官が正常に働き、体内の毒素を排出してくれます。

 

体内の毒素とは、今までの食生活で排出されずにいた宿便や体調不良の原因となっていたものです。宿便や老廃物を排出することで、余分な水分も排出されるようになり、むくみも改善されます。

 

結構、余計な水分を排出できずに太っている人も多いので、余計な水分を溜め込むことがなくなれば、自然と体重は減っていくはずです。

 

まとめ

とにかく、続けることで体質改善され、痩せやすい体質と脳を作ることが、このダイエットの目的です。

 

一度痩せるとリバウンドの心配はほぼありません。
というのは、以前と食べ物の好みが変わったという人が多いからです。
少食になり、通常の食事も野菜中心で油物を受け付けなくなることでしょう。

 

体質改善や美容にも効果があるので、試して欲しいですね。